人をダメにするちょいブス 2話 ネタバレと感想【ちょいブスは処女のくせにドスケベで締まりも抱き心地も抜群】

『人をダメにするちょいブス』2話は拓己が祥子とエッチをしたいがために告白し、恋人同士になります。拓己は祥子の締まりの良いアソコに身震いし、早く一発目を出すべく腰の動きを速めて射精をします♪

この漫画を立ち読みしてみる
この漫画はブッコミで無料立ち読みができます。
チンジャオ娘の作品はすべてブッコミにありますので興味のある方は『チンジャオ娘』で検索してみてください。
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
人をダメにするちょいブス(追加LP)
♪『ちょいブス』を読みたい方は画像をクリック♪

 

人をダメにするちょいブス 2話 ネタバレと感想

ちょいブスは処女のくせにドスケベで締まりも抱き心地も抜群

祥子をラブホに連れ込み、ベッドに押し倒してキスをすると「ん!ん~♪拓己さぁん♪」と、拓己の名前を呼びながら祥子は応えます。

ですが、その体は強張っており、拓己の強引なやり方に抗議をしているかのようでした。

人をダメにするちょいブス_画像1

唇を離して「あの!…これは!」と状況説明を求める祥子に、拓己は「いいからいいから。大丈夫だから」と適当に答え、祥子の服を脱がせていきます。

 

そうして拓己は、祥子の期待通りのたわわなおっぱいを見て、貪るように顔をうずめて乳首を口に含んで転がします♪

人をダメにするちょいブス_画像2

祥子の方は感じつつも「こういうことは恋人同士になってから…」と、抗議をしますが、

それに対し拓己は「よし!じゃあ俺たち、付き合っちゃおうか!それなら問題ないよね!」と、祥子の中に挿入します!

 

祥子は初めてのセッ〇スによる快感のせいで拓己の言葉をよく考える暇もありません!

拓己は祥子の締まりの良いアソコに身震いし、早く一発目を出すべく腰の動きを速めて射精をします♪

人をダメにするちょいブス_画像3

長い射精が終わってち〇こを引き抜くと、ゴム先にたまった精子の重さがわかるほど射精したことを知ります。

祥子の身体のあまりの気持ちよさに、拓己は再び祥子に手を伸ばします♪

 

人をダメにするちょいブス 2話 感想

タイトル通りに120点と称すだけあって立派なオッパイでした!絵担当の作者スペシャルジーらしく、

乳首の描写はかなりリアルでそそります♪

 

さて、2話は祥子が初めてのセッ〇スをする話です。

祥子のよがった顔よりも拓己の弛緩したような顔が気持ちよさを物語っていましたね!

さすが120点の身体!といった具合でこっちまで下半身に何かが湧き上がってくる思いでした!

 

3話でもラブホテル編は続いていますので、何度も抜きどころがありますよ!

 

チンジャオ娘の人気スマホエロ漫画【人をダメにするちょいブス】

「ちょいブス」という個性が生み出す最高の包容力が気になる方はこちら♪

⇒ちょいブスに癒されてみる

人をダメにするちょいブス※立ち読み

無料立ち読みから始まります。